1. HOME
  2. ブログ
  3. 強度近視のメガネ選び②

強度近視のメガネ選び②

強度近視のフレーム選びパート②です!

私のお友達でもあり、お客様でもあるまいちゃん♡
メガネのお悩みは、度数が入ると目が小さく見えることと、レンズが分厚くなること。レンズの度数は-6.50Dほど。

これは今まで掛けていたメガネになります!悪くはないんですが、やはり裸眼に比べて目が小さく見えるのと、輪郭のゆがみも少し気になります。

 

そのお悩み、フレームの選び方を変えるだけで解消できます!!

 

雰囲気やイメージを考慮しながら、実際に選んだフレームがこちら♡

Onimegane OG7223/V
レンズの横幅はサイズ小さめですが、ブリッジ(鼻)は長く、デザイン性が高い! 強度近視の方にすごく向いているデザインだと思います。まいちゃんの雰囲気にも合いそう!

 

いざ、度数を入れて掛けてみましょう!

 


じゃ~ん♡ めっちゃカワイイ!!


上のメガネと比べると目の小ささや輪郭のゆがみがなくなって、顔の印象が変わりました!めっちゃ可愛くなったと思いませんか?

同じ度数なのにどうして目が小さく見えたり大きく見えるかというと、これは【デルブーフ錯視】という目の錯覚を利用しています!


円の外側に大きい円を描くと、中の黒い●は小さく見えて、円の外側にその円より少し大きい円を描くと中の●は大きく見えます!

これをメガネに置き換えると、小さいフレームの方が大きいフレームに比べて黒目が大きく見えるということ!実際には目の大きさは変わっていないんですが、この目の錯覚を利用することで目が小さく見えにくい!


横顔の輪郭のゆがみも少なくなりました♡ 横顔美人♡

他にもonimeganeの小さめシリーズは、強度近視さんにすごくおすすめ!

OG7820L こちら先日強度近視の方にお買い上げ頂きました!微妙にイビツな形もカワイイ!

度数は-9.50のレンズが入っていますが、レンズの厚みが全く気にならない仕上がりになりました!
キレイです!

みなさん強度近視の方は、薄型レンズに頼りすぎ!もちろんそれもすごく大事なんですが、同じくらいかそれ以上に大事なのが、フレーム選びやフィッティングだと思います! 逆にフレーム選びがしっかりできると、薄型レンズを入れなくてもきれいに仕上がることだってありますよ!
こういった大きなフレームやフチなしは強度近視さんは避けたほうがベター!厚みやウズもそうなんですが、目も小さく見えて素顔とはかけ離れた印象になると思います。強度近視さんには、レンズの横幅が小さくて、縁が太めの華やかなフレームがおすすめ!

 

金属の大きいフレームでも試してもらいました。
う~ん。う~ん。なんかイメージも違うかな…。

ではこちらはどうでしょう?♡

とってもかわいくなった! 色も似合ってて、いい感じ!!

 

それともう一つ、目が小さく見えにくいようにするには、目とレンズの距離をなるべく近づけてあげることも大事です!
目とレンズの距離が離れるとそれだけで目が小さく見えてしまいます(逆ケントデリカット状態。近視の方はやってみて!)

《-10.00Dのレンズ》
近づけるとフツーだけど…

目から離すとこんなことに! 調整ってすごく大事なんですよ。

眼鏡の鼻のところを調整して、なるべく目とレンズを近づける調整をします!

そういう点では、フィッティングをちゃんとしてくれる眼鏡屋さんを選ぶということと、調整しやすい眼鏡を選ぶというのもポイントですね!

まとめると、強度近視さんがメガネを購入するときに大事なことは…

・フレームは小さいサイズでくっきり華やかなデザイン
・ゆがみが少なくて、なるべく薄いレンズ選び
・完璧なフィッティング

 

この3つを大事にしてもらうと、仕上がりにガッカリすることが少なくなりますよ!
今までコンタクトをしていたけど、目のために眼鏡の時間を増やしたいという方や、強度近視でもかわいくメガネを掛けたいという方からの問い合わせが増えてきています。 家でも外でも、可愛いくてお気に入りの眼鏡を一緒に探しましょうね♡ なんでもお気軽にご相談ください!